facebook

line

院長ブログ

最新の記事

趣味のアユ釣り画像で...
2017年07月03日(月)
5月の鮎釣り
2015年05月31日(日)
2015揖保川鮎早期...
2015年05月11日(月)

カテゴリ別


月別

お知らせ

最新の記事

お盆休みのお知らせ
2018年08月01日(水)
年末年始のお知らせ
2017年12月26日(火)
アマゴ釣り行ってきま...
2017年03月18日(土)

過去のお知らせ一覧≫

ご案内

大阪府東大阪市上石切町
1-12-29
TEL:072-987-6480

診療時間
9:30~12:00
14:30~19:00

当院の診療メニュー
歯科一般・小児歯科・ホワイトニング・インプラント・審美歯科・予防歯科・歯周病治療

当医院も参加してます

節電のための工夫

梅雨が明け夏本番となりましたが、今年の夏は「節電」を意識する夏ですので、ちょっとした工夫で「涼」を得る方法をご紹介します。東洋医学において、夏は「陽気(体を温める熱エネルギー)」を程よく発散させるようにするべし、と言われています。

 
 その方法の一つが、体を冷ます食材を摂ること。例えば「ごぼう」です。今の時期には「夏ごぼう」が出回っています。ごぼうは元々中国から薬草として日本に伝わってきたと言われ、体の中の余分な熱を冷ます効果があります。また、ごぼうの種は「牛蒡子(ごぼうし)」という名で、風邪を引いた時の解熱などを目的として今でも用いられています。また、熱帯地方の代表的なフルーツ・バナナは、栄養価が高い上、消化吸収にも優れているため、おすすめです。カリウムも多く含んでいるため、暑さでイライラする気持ちを和らげる効果も期待できます。また、眠りのメカニズムでは、体温の幅が大きい程眠りやすくなるので、あえて体温を上げ、眠りに入るにつれて下がるという仕組みを作り出す「温かいお茶」もおすすめです。
 
 最近では、ゴーヤやアサガオ、ヘチマなどの蔓が伸びる植物をベランダで育て、「緑のカーテン」を作る家庭が増えています。これは部屋に差し込む直射日光を遮るだけでなく、ヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。すだれやよしずでも十分効果があります。そして、昔から伝わる「涼」の取り方、打ち水。ベランダや道路、玄関先だけでなく、家の壁などにかけても効果があります。夏の道路の路面温度は60℃に達することもありますが、打ち水によって路面温度が約15℃下がったというデータもあるほどです。
 
 また、梅雨の明けたこの時期は、特に熱中症に十分にご注意ください。熱中症とは、高温多湿な環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破たんをきたして発症する障害の総称です。炎天下でのスポーツや労働中だけでなく、日常生活を送る中で発病することも多いのが特徴で、年齢が高まるにつれて日常生活やレジャーでの発症が増える傾向にあります。その中で大切なことは、適度な運動、十分な睡眠、バランスの取れた食事などの基本的な生活を見直すことです。そして「体温調整できる体」を作り、今年の暑い夏を乗り切っていきたいですね。
アルフィックス日報より

歯科・松村クリニックのFacebookへ ≫
更新日:2011年7月14日

コメントはありません。

▼コメントの投稿はこちら